萩谷由喜子のブログ

音楽評論家・萩谷由喜子が音楽話題や日々の所感を綴っています。

 フルーティストの福島明佳(ふくしま・さやか)さんは、東京音楽大学気楽部フルート科に特待生として学ばれた方で、ご自身のリサイタルからお仲間との室内楽、朗読家・幸田弘子先生の朗読会への客演まで幅広く活動していらっしゃる、音楽、容姿ともに、とても魅力的なパフ…
>>続きを読む

 ピアノ教室のコンサルタントをしていらっしゃる藤拓弘先生が、ご自身のブログで、拙著・はじめに読む一冊『モーツァルト』を大変温かなお言葉で、ご紹介くださいました。 https://www.pianoconsul.com/16488/ 子どもの頃のモーツァルトの会話がとてもかわいい、と評して
>>続きを読む

 小平中央公民館を会場に2009年から毎月2回、開講してきました「小平楽友サークル講座」は、今春から半年間休講とさせていただいておりましたが、運営役員様方と公民館のご努力により、感染症防止対策を徹底させたうえで9月より無事再開の運びとなりました。現在のテーマは
>>続きを読む

 久々に秋らしい日差しに恵まれた日曜日の昼下がり、サントリーホールで開催された日本フィルの名曲コンサートに出掛けました。指揮者は、今、上昇機運に乗りにのった角田鋼亮マエストロ。ソリストは、昨年バッハの無伴奏ソナタ&パルティータの全曲演奏を達成した、辻彩奈
>>続きを読む

 10月13日夜、久々に紀尾井ホールに出掛けました。2006年ミュンヘン国際コンクール第2位、2007年クララ・ハスキル国際コンクール優勝を機に国際舞台で活躍を続ける河村尚子さんのピアノ・リサイタルが開催されたのです。(横のミュシャは単なる季節のイメージ) 紀尾井ホー
>>続きを読む

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、クラシック音楽公演の中止、あるいは延期が相つぎ、遂に一つの公演もなくなったのがつい昨日のことのようです。 4月、5月はきれいさっぱり、コンサートもオペラも鳴りを潜めましたが、6月半ばから少しずつ復活が始まって、コンサー
>>続きを読む

 生誕250年を記念して、今年1月からクラシカジャパンのウェブサイトに『ベートーヴェンを取り巻く12人の音楽家たち』を連載しております。その第9回として「ベートーヴェンとワーグナー』が昨日アップされましたので、お知らせいたします。https://www.classica-jp.com/colu
>>続きを読む

 気がつけば、長月も二旬日を過ぎようとしております。すっかり、ブログの更新をおやすみしてしまい、日々の過ぎ去る速さに驚きつつ、自分の怠惰さにあきれております。更新の敷居が高くなっておりますが、勇気を振り絞って、久々の更新記事として、新刊書のご案内をさせ
>>続きを読む

  8月15日、小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩5分の「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」で、公益財団法人・日本オペラ振興会主催によるオぺラ公演『カルメン』を観ました。  思い返してみれば、新型コロナウイルス感染症問題の深刻化以前に、生のオペラを観たのは今年の2月でし
>>続きを読む